泥棒が好む家

みなさんは、どのような家が泥棒に好まれると思いますか?また、泥棒は家のどこから侵入してきやすいと思いますか?泥棒が好む家、侵入してきやすい場所をご紹介します。泥棒が好む家は、「泥棒しやすく逃げやすい家」「防犯意識が薄く、警備システムなどがついていない家」「人通りが少なく人目につきにくい家」「建物に死角があり表から犯行が見えない家」「足場があったりと入りやすい家」「近所付き合いがない家」「塀や植木などで表からの見通しが悪い家」「夜に家のまわりに暗がりができたり街灯が少ない」「ピッキングがしやすい鍵が玄関についている家」「面格子のない小窓がある家」「窓にクレセント錠だけで鍵がついていない家」などが泥棒に好まれる家に当てはまります。みなさんの家も当てはまらないか確認してみましょう。次に、泥棒が侵入してきやすい場所をご紹介します。「トイレ・風呂場・勝手口」これは、戸締りされていない事が多いためです。「ガラスを使用している玄関・窓・勝手口」ガラスは割って簡単に中に入る事が出来るからです。「ベランダ側の窓」特に夏などは開けっ放しになっている事が多いためです。「ドアや窓の戸締りが1か所の所」1か所なので開けるのに時間がかからないためです。みなさんも、今一度自宅を確認してみてください。

イベントや展示会のディスプレイ